ようこそお金と税-Gold tax-へ

税理士の仕事

税理士の仕事を紹介しますが、初心者むけにわかりやすく紹介します。
私が税理士を目指すとなって、税理士の仕事を調べてみるとわからないことだらけで、あまり意味がわかっていませんでした。なので、私みたいな人多いと思いますし、中学生、高校生が読んでもわかるよう、そしてこれをきっかけに税理士という夢を持ってもらえたらなと思います。

税理代理

税理代理と業務は、税金を納める人の変わりに税務署へ行き税金の申告や申請をすることを税理代理と言います。税には自主申告や自主納税というものがあり、これは法人税、所得税、相続税や贈与税などを自分で計算して税金を納めなければなりません。この計算がとても複雑なんで、税理士が代理でするということです。
計算もとても複雑と先ほど言いましたが、税に関しての法律も頻繁に改正されることもあるので、自分で計算をするとなると、常に法律の勉強もしておかなければならなく、自分で計算するとなると、相当な時間を費やしなければいけないでしょう。また、間違いがあったらやり直しということもあり、プラス時間が取られてしまうことから、ほとんどの人は税理士へ依頼しています。

税務調査

そして、その申告後の税務署との関わり、税務署から疑問があった場合、会計帳簿や証拠書類を調査したり意見を聞いたりします。

税務調査の立ち会い

税務調査の時、納税者の同行をして、納税者の代わって説明を行います。この税務調査の立ち会いには、税務署と議論を行うことがあるので、税の知識をふんだんに出すことが出来る場で、税理士としての見せ所ともなります。

税務書類の作成

税務署へ対して、申告書、申請書、請求書、不服申し立てなどの提出書類などを作成します。特に年度末調整、確定申告や中間申告書などの作成、または決算書や中間決算書の作成などがあります。
他には、毎月行う業務を言うと、伝票整理、総勘定元帳、残高試算表の作成であったり給与計算や源泉所得税納付書などの作成が主になります。

税務相談

税務相談は、税金などに関しての相談を受けることです。一番多くは経営相談をされにいらっしゃる人が多いようです。今はネットを使用して相談できることから、以前よりも税務相談をされる方が多くなっているようです。

税理士はこんな人に向いてます
税理士って、細かい計算や記帳をしていくことが多いので、堅実で地道な作業でも苦にならないという人がオススメです。また他人の帳簿を使用した仕事が多いので、信頼があり責任のある人が求められます。税理士は信用があってこそ依頼されるものです。
資格をとったらすぐ活躍できるわけではなく、地道な努力と下積みが必要になります。

注目サイト

チャイルドシート

Last update:2017/6/23

Copyright 2014 お金と税-Gold tax-All rights Reserved.